9月定例議会一般質問

■ 9月20日(金)初めての一般質問

4月26日に議員バッジを頂いてから、5カ月が経過しました。

この間、6月定例議会や毎月の常任委員会を通して、勉強の毎日が続いていましたが、そろそろアウトプットが必要と考え、「一般質問」をさせていただきました。

「一般質問」は、議員が、知事や執行部に対して「質問」を通して、行政が適切に機能しているかを確認する場です。

約30分間高田が質問を行い、残りの30分で知事及び執行部が答弁を行いました。

質問の内容は以下。

1 災害に強いまちづくりについて

(1)災害復旧事業等の完了に向けた見通しについて

(2)避難行動を促すための取り組みについて

(3)中小企業の事業継続計画策定の取り組みについて

2 広島県のものづくり産業の展望について

(1)10年後の広島県の産業構造について

(2)技能者の育成について

(3)バイオ燃料の実用化に向けた取り組みについて

3 高齢者運転事故防止に対する県の取り組みについて

4 広島市東部地区連続立体交差事業の早期完成について

5 コミュニティ・スクールについて

6 広島県職員の行動理念について

質問と答弁の一部始終を動画で見ることができます。

高田の声が枯れていてお聞き苦しいかと思いますがご容赦ください。。。

2019年10月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

キャッシュレス決済について

■ 9月17日(火)商工労働員会にて質問

商工労働委員会の一般所管質問として、広島県のキャッシュレス決済の普及状況について質問しました。

イノベーションを標榜する広島県として、あるいはインバウンドを強化していく広島県として、キャッシュレス決済は重要なイネーブラーになると思われます。

ところが、昨年末の日経新聞の調査によると、広島県は、「キャッシュレス決済利用額比率ランキング」で47都道府県中34位と不本意な結果でした。

海外でも、韓国や中国、カナダなど、既に相当の普及率に達していることを考慮すると、広島県の現状は憂慮すべき状況と言えます。

一般的に、中小の商店などにおいては、機材を導入するイニシャルコストやランニングコストの問題があり、導入を躊躇されているとも聞きます。

また、高齢者もキャッシュレスに馴染みがなく、頭がついていかないなどの声もあるようです。

この様な状況であるにもかかわらず、広島県として、普及を加速する活動は行っていないとのこと。

商工労働局で、積極的で具体的な対策を検討するよう要望をして質問を終わりました。

高田としても、今後も継続してフォローを行っていきます。

<委員会で質問している様子>

Youtubeでライブ中継の動画が見れます

(32分25秒から36分50秒まで。音質画質とも良くないですが…)

https://youtu.be/GGIiJGWBOIg?start=1943&end=2211

2019年10月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

身近なお困りごと対応

■ 9月11日(水) 見にくいカーブミラー

地域の住民の方から、ハガキで、「みそのお橋のカーブミラーが、電柱の陰になっており見えづらい」との連絡を受けました。

現場を確認したところ、

<<<桜ヶ丘方面から見たとき>>>

<<<水分狭方面から見たとき>>>

確かに、水分狭方面から見るとミラーが電柱に隠れて良く見えません。

この結果、双方の車が突っ込みすぎて、どちらかがバックして道を譲るようなことが、たびたび起きているようです。

このことを、府中町役場の維持管理課に相談したところ、「状況は理解している。これまでにも、ミラーを電信柱に付けるなどの検討を行ったが、解決にならないことが分かっている。電柱を移動するしかない。次の電柱の更新のタイミングを狙って、移動を行うよう検討する」とのことでした。

みなさま、

当面、注意して走行してください!

2019年9月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

身近なお困りごと対応

■ 9月6日(金) 横断歩道が見えない

地域の住民の方から、「府中大橋東詰の横断歩道が削れて見えなくなっている」との連絡を受けました。

早速現場を見に行くと、確かに写真のようにペイントがほぼ無くなっている状態でした。

その足で、周辺の横断歩道や停止線などを確認したところ、他にもたくさん消えかかっているところが見つかりました。

そこで、東警察署及び、府中町道路維持管理課に確認したところ、「状況は理解している。9月末から10月の間で、町内の路面ペイントの補修を行う計画」とのことでした。

みなさま、

しばしお待ちを~

<10月11日(金)追記>

「塗装してくれてるよ~」と、住民の方から情報を頂き、確認に行きました。

確かに、これだったら見落とすことは無いでしょう。

とは言え、周辺の横断歩道など、まだまだ対応ができていないところが沢山あるようです。

これからもフォローを続けていきます。

2019年9月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

アンケート結果

■ 8月31日(土) アンケートまとめ

県議会だより(夏号)を、 後援会に加入頂いている皆様に送付してから1カ月が経過したため、際同封していたアンケートを集計してみました。

結果は、約100人から返信を頂き、以下のようになりました。

高齢者のくらしやすいまちづくりが、21%で一位でした。

この結果を見て、 流石皆さん的確であると、感心いたしました。

と言うのも、内閣府の調査によると、現在の75歳以上の方の人口割合は、14.2%です。

これが、我々の子どもや孫の世代、46年後の2065年になると、なんと倍に近い25.5%が75歳以上になるとの試算もあります。

要するに、「高齢者のくらしやすいまちづくり」は、現在の課題であると同時に、将来を見据えても非常に重要な課題であり、だからこそ、今の内からに取り組んでおくべきだと言うご意見だと理解いたしました。

また、身近なお困りごとや ご要望についても、多くの方から回答を頂きました。

今後、順次フォローをしていきます。

2019年9月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

会派県内視察

■ 8月26日(月)福山

民主県政会で、改選後2回目の県内視察に行きました。

今回は、新人の稲葉議員の選挙区である福山の、「認定こども園」と「JFE」の視察を行いました。

① 認定こども園

・保育現場や教育現場において、発達に課題のある子供さんが増加しており、相談⇒診療⇒支援のニーズが急増している。

・特に、公的医療機関の医師の診断については、初診待ちが数カ月に及ぶほど、専門医不足が著しい状態であった。

・そこで、専門的診断に基づき、幼児期から適切な支援を行うため、 相談⇒診療⇒発達支援を併せ持った、支援拠点施設として2012年11月に開所された。

② JFE

<JEFスチールの会社概要>

 ・2003年 NKKと川崎製鉄が経営統合

 ・本社 東京都千代田区、従業員 45,000人 国内に4事業所7工場 

 ・前期末決算 売上:1兆9730億円 営業利益:490億円 経常利益 730億円

<福山地区の会社概要>

 ・地理 福山と笠岡にまたがる

 ・生産量 1000t超/年(国内生産の約1割を占める。生産量日本一)

 ・面積 1420万㎡(東京ドーム300個相当)

 ・主力商品 厚鋼板(船舶、橋梁)、亜鉛メッキ鋼板(自動車)、レール、H形鋼(ビル)など

<福山製鉄所の強み>

 ・立地:           温暖な気候と水資源に恵まれている

 ・レイアウト: 荷揚げ⇒製銑⇒製鋼⇒圧延⇒出荷の工程が、東からに西に直線でつながる

 ・環境配慮:     連続鋳造設備と圧延工場を直結することで省エネ

                         圧延ラインを直結することで製造工程の短縮

                         コークス炉や高炉から発生するガスや廃熱を、蒸気、ガス、電力に再利用

                         工業用水を循環利用(再利用率95%)

                         家庭で排出される使用済みプラスチックを高炉の原料としてリサイクル利用

 ・品質:            独自開発のオンライン検査装置で品質管理

 ・独自技術:     仕上げ圧延の後のオンライン加速冷却器は、JFE福山で初めて実用化した装置

 ・その他:         敷地内のスチール研究所で、製造技術や新商品を研究開発

<所見>

広島にこのような大規模な工場があることを誇りに思った。

見学に来た子供たちにも是非、未来の鉄鋼マンを目指して頑張ってほしいと思った。

一方で、今や鉄鋼と言えば中国。市場も大きいがそれ以上に生産能力も圧倒的に大きい。

これに打ち勝っていくためには、独自の技術を持つか、市場(海外)に出ていくしかないのではと思った。

2019年9月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

議員研修会

■ 8月21日(水)全国新人議員研修会@東京

全国都道府県議長会による、新任議員研修会が、砂防会館別館で行われました。

会場には、全国の新人議員約400人が一同に会し、熱気にあふれていました。

研修会の内容は以下。

(1)「二元代表制論を超えて」

   金井 利之 氏 東京大学大学院法学政治学研究科教授

(2)「日本の地方財政と近年の地方税制改革」

   関口 智 氏 立教大学大学院経済学研究科教授

(3)「議会の仕組みと運営」

   内田 一夫 氏 前全国都道府県議会議長会事務局次長

何れの講演も非常にためになるものでしたが、中でも、「なるほど!」と心を打たれたのは、

・議員一人一人の調査能力には限界がある。

・一方で、県職員は知事の部下ではない。

・議員も県職員にアイデアを出してもらうなど協働することで、よりよい政策立案が可能になる。

と言う説明でした。

確かに、県職員さんは、夫々の専門領域については、議員一人の知識や能力を大幅に超えていると思います。

一方で議員の強みは、地元や地域に根差した、現場の声や考えを肌感覚として知っています。

双方の強みを合わせることで、より良い政策立案に繋げていきたいと思います。

2019年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

国会議員訪問

■ 8月20日(火) 参議院議員会館

明日の新人議員研修が東京で開催されるため、半日早く東京入りして、参議院議員の「いそざき哲史」さんと、意見交換をさせてもらいました。

いそざき哲史さんは、日産自動車出身の参議院議員で、先の選挙で無事二期目に当選されました。

非常に温厚で話しがしやすく、また元駆動系エンジニアらしく、非常に冷静でロジカルに話をされます。

従い、自動車関連の課題で悩んだときに相談するには、最適な人です。

そして今回議論したテーマは、最近の高田の関心事である、

・外国人技能実習生について

・高齢ドライバーの安全のための取り組みについて

の二点でした。

的確なアドバイスに加え、最新の情報なども提供して頂き、大変に有意義な意見交換になりました。

2019年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

身近なお困りごと対応

■ 8月19日(月) 県が管理する空き地…その2

盆連休前に、町内会長さんから、「道路建設用地として県が管理している土地の雑草が伸びて困っている。何とかならないか?」との問い合わせがありました。

即刻、西部建設事務所に相談をしたところ、「盆明けには、草刈りを実施します」との回答を頂きました。

そして、今日見事に草刈りが完了していました。

相変わらずの、西部建設事務所の対応の速さには、感心させられます。

ありがとうございました!

2019年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

夏越(なごし)祭

■ 7月30日(火) 多家神社にて

今年も夏越祭が開催されました。

夏越祭りは、梅雨が明け、厳しい暑さの夏を元気に過ごせるよう、そして年の後半の家内安全と無病息災を祈り行われます。

境内に設置された茅の輪をくぐると、厄災や疫病等から逃れることができると言われています。

今年は、つばき娘をはじめ沢山の浴衣娘さんが集まってくれました。

ちなみに、写真中央の宮司さんの後ろに見えるハート型のオブジェに、おみくじを結わえると、縁結びのご利益があるとか・・・

本当に沢山の人でにぎわっていました。

2019年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster