9月定例会一般質問

■ 9月24日(木) 9月定例会一般質問

 昨年に続き、9月定例会で一般質問の機会をいただきました。

 今回の質問は、4月以降に高田が、新型コロナウイルスの影響に苦しむ、個人商店、飲食店、小規模事業主、中小企業経営者の方々と直接お話をさせていただく中で、最優先に取り組むべきと感じた点を主に質問をさせていただきました。

 具体的には、以下の質問を30分行い、知事及び執行部から30分の答弁をいただきました。

1 新型コロナウイルス感染症に苦しむ県内産業への支援状況について

2 アフターコロナを睨んだ県内産業の目指す方向と取組について
(1)30年後を目指した県内産業構造について
(2)モノづくりのさらなる強化に向けて
  ア 生産性改善とそれを支えるインフラについて
  イ 付加価値の源泉の変化への対応について
  ウ デジタル人材の確保に向けた取組について
(3)物流インフラの整備について
  ア 道路について
  イ 港湾について
(4)新たな成長産業の創出について

3 災害に強い広島県であるために
(1)建設業における技能労働者不足への対応について
  ア 技能労働者の確保について
  イ ICTの活用について
(2)防災教育の進捗について
(3)コンパクトシティと防災対策の連携について

 それぞれの答弁については、通常よりもより具体的で明快なものが多く、概ね満足のいくものでした( 質問及び答弁の詳細については、下のYoutubeの動画をご覧ください)。

 とは言え、「言いっぱなし」では、何も解決しませんので、これからもキッチリとフォローを行ってまいります。

2020年10月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster