総合防災訓練視察

■ 8月30日(火) 令和4年度総合防災訓練

 総合防災訓練は、国、県など多数の防災関係機関が連携・協同して訓練を実施することで、大規模災害時における防災関係機関相互の緊密な連絡協力体制を確立し、今後の災害対応に万全を図るために実施されます。

 今回の訓練は、「五日市断層を震源とする、最大震度6強の地震により、広島市において、複数の建物が倒壊し、多数の死傷者や行方不明者がいる」と言う想定で、西風新都広島市消防訓練場で行われました。

 参加機関は、陸上自衛隊、海上自衛隊、中四国管区警察局、広島県警、日本赤十字社、県立広島病院、広島県防災航空隊、広島市消防局、東広島市消防局、広島市消防団で、各機関が連携しながら、それぞれの任務を手際よくこなしていました。

 確かに、実際の災害時を想定すると、被災者の方たちなどパニック状態になるかもしれませんし、そうした中で整然と任務をこなしていくためには、日ごろからの個別の訓練に加えて、合同訓練が絶対に重要であることを痛感しました。

<現地対策本部の様子>

<広島県警のヘリコプターで、被災者を救助する様子>

<崩れた建物から陸上自衛隊、広島県警など協同で被災者を救助をする様子>

<広島市消防局が、土砂に埋まった車両を救助する様子>

2022年8月30日 | カテゴリー : 視察調査 | 投稿者 : wpmaster