身近なお困りごと対応

■ 6月11日(火) 県が管理する空き地

府中町内の、県が管理するある空き地について、町内会長さんから以下のご要望がありました。

<要望>

空き地の中の、草刈りを行ってほしい。

<理由>

 ・梅雨時期になると、急激に雑草が成長する。

 ・見映えが悪く、町内会の景観を損ねる。

 ・やぶ蚊などが発生し衛生上の問題がある。

 ・放火やゴミ捨てなど、防犯上の問題もある。

 

早速、管理を行っている西部建設事務所に相談をしたところ、快く草刈りを実施して頂けました。

更に、「西部建設事務所だけでは目が行き届かないこともあるため、これからも住民の皆様のご意見ご要望があれば、遠慮なく伝えてください!」と、頼もしいお言葉も頂きました。

皆様も、身近なお困りごとなどあれば、遠慮せずに高田まで連絡ください。

町議さんや役場の方々と連携を取りながら、解決できるように頑張ります!

柔軟な対応に感謝!

■ 6月9日(日) 府中南小プール門側横断歩道

川田鉄工所から、府中南小学校に向かう道路は、今年になって拡幅工事が完了し、安心して運転ができるようになりました。

しかしながらその反面、「峠を越えた先の横断歩道に気が付くのが遅れて、ヒヤッとするケースが増えている」と、交通指導員の方から指摘がありました。

実際に現場を確認すると、制限速度の表示も無く、横断歩道を示す路面上のダイヤ型のマークも峠のてっぺんにあり見えにくく、かつ峠を越えると左カーブが始まっており、確かに危険な状況と思われました。

そこで、何らかの対応をして頂くように、府中町建設部維持管理課と東警察署に相談していました。

そして今回、急遽暫定対策として、ドライバーに注意喚起を行う目的で、路面への「学童注意」のペイント及び、電信柱への「注意」の表示をしてくださいました。

恒久的には、信号機の設置や通学路の見直しなどを含めた、大掛かりな対策が必要なのでしょうが、状況を理解した上で、今すぐにできる対応を行って頂けたものと思います。

維持管理課と東署の連携及びスピードと柔軟性に感謝です!