坂町と緊急避難所に関する協定

■ 7月4日(木) 坂町役場にて

 昨年の痛ましい災害にも関わらず、坂鯛尾地区では、土砂災害に対する避難所の確保が難航していました。そのことを、吉田町長からお聞きし、なんとか梅雨入りまでに、「マツダトレーニングセンター(MTC)鯛尾」を緊急の避難場所として使えるようにできないかと調整を続けてきました。

 そして、今回めでたく、坂町とMTC鯛尾の間で、「土砂災害時緊急退避施設としての使用に関する協定が締結されました。

<協定締結後の様子>
左:吉田坂町長、右:MTCセンター長、中:高田

 普段MTC鯛尾では、全国のマツダ車のサービスエンジニアが集まり、技術研修を受けています。そしてこの度、建物の一部の共有スペースを臨時の避難所として提供するはこびとなりました。

<MEC鯛尾本館の外観>

提供できる避難場所は、本館の1Fロビーと応接室、2Fの談話室、3Fの講堂で、収容人数は約350人です。

<2F談話室>
ソファー、テレビ、飲み物の自動販売機などが利用可能です。

 MTCセンター長は、昨年の災害時、自らも出先から帰れなくなるという厳しい経験をしており、今回の協定締結に向けて、積極的に動いていただけました。

 また、MTCの担当者も、「鯛尾地区に事務所を置き働く我々も、鯛尾地区の住民の一員だと認識しています。こうやって、地域の皆さんのお役に立てることができ、とても嬉しく思います」と、さわやかな笑顔で語っていたのが印象的でした。

 鯛尾地区の皆さん、土砂災害の危険が高まったときは、「MTC鯛尾」を是非とも活用ください。

 行政としても、危険箇所の修復などハード的な対応を急ぎますが、あまりにも広範囲にわたるため、一朝一夕では対応しきれません。

従い、しばらくの間は、兎に角「避難」をしてください。

そのための避難所です。

活用をよろしくお願いいたします。

2019年7月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

会派勉強会

■ 6月13日(木) 民主県政会勉強会

 高田が属する「民主県政会」は、連合推薦を受けた県議会議員14名からなる会派です(広島市:7人、呉市:1人、三原市:1人、尾道:1人、福山:2人、東広島:1人、安芸郡:1人)。

 改選後初めての勉強会は、新人の選挙区について勉強するのが恒例となっており、今回は、高田の選挙区である「安芸郡」について勉強をすることになりました。

 ご存じのように、安芸郡は、府中、海田、熊野、坂の4町で構成されており、それぞれ課題も異なるため、勉強会のテーマ選定には、頭を悩ませました。

 そして今回は、高田の独断で、目の前の課題として「被災地の早期復旧復興」、明るい未来のための課題として「広島のモノづくりの将来」と言う二つのテーマに絞り込み、勉強をしました。

①小屋裏地区の被災状況と復旧状況

 昨年7月豪雨で、 町内を流れる天地川の上流にあった石積みの砂防堰堤は、完全に流失してしまいました。 そして、死者16名、行方不明者1名と言う甚大な被害が発生しました。現在、コンクリート製の砂防ダムが急ピッチで作られています。そこで今回、現場を見ながら、工事の進捗状況などについて、西部建設事務所から説明をして頂きました。

 更に、坂町役場からは、策定中の復旧復興プランについて説明をして頂きました。くらしの再建、インフラの強靭化、災害に強いまち・ひとづくりなど、まだ道半ばですが、着実に前進をしていることが分かりました。

②マツダの商品づくりの哲学

 マツダの商品企画部長さんから、マツダの商品づくりの哲学について説明をして頂きました。要約すると、

・マツダは走る歓びを通してお客様に笑顔を提供する会社

・カーライフを通して人々に人生の輝きを提供したい

・単に便利で快適な「楽な生活」よりも、自分の能力を活かして伸ばす活力に溢れた「充実した生活」が理想と考えている

・そのために、人間の持っている能力を最大限に発揮できるようにしたい。

・これが、マツダの「人間中心」の開発哲学の根幹。

・例えば近年の高齢者ドライバーによる事故に対してはCO-Pilot Concept

・痛ましい事故を防ぐこと=免許証の返納とは考えない。

・元来運転することは、心身を活性化させる効果がある。

・最期の一瞬まで、走る歓びと輝きを持ち続けてほしい。

・そのために、自動運転の一歩上をマツダは目指す。

・ドライバーに万が一の事態が発生したとしても、 あたかも副操縦士のように、 速やかにドライバーの代わりにクルマが安全な場所まで移動する。

③ひろしま自動車産学官連携推進会議(ひろ自連)の取り組みと将来構想

 ひろ自連の活動状況と、将来構想について、運営企画委員会から説明をして頂きました。キーメッセージは、

・ひろ自連は、広島県のものづくり産業発展につながるイノベーションの梃子になることを目指す

・自動車産業を中心に、「ひろしま」ならではの成果を出し、将来は産学官連携のリードモデルとして、全国や他産業に波及させたいという志がある

・運営体制は、活動進捗レビューボードとして、6団体からなる代表者会議を設定

・3つの委員会と4つの専門部会が活動中

・今回、デジタルイノベーション創出プログラムが、地方大学地域産業創生交付金対象に選ばれた。

 これからのひろ自連のありたい姿については、現在調整中ではあるが、

・モデルベース開発やCAEによる、効率的で手戻りの無い、クルマづくり

・次世代のバイオ燃料の普及

・広島のモノづくりの挑戦の歴史を次世代に継続的に体系的に引き継ぐ仕組み

などを検討しているとのことでした。

2019年7月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster