常任委員会(総務/地域政策)

■ 6月17日 総務委員会

 本日の総務委員会は、定例議会中ですので、6月13日の全員委員会で説明を受け総務委員会に付託されたた「令和4年度一般会計補正予算(案)」及び「条例改正(案)8件」、に対し審議を行いました。

 この中で高田は、地域振興推進費の「地域公共交通燃油費高騰緊急支援等事業(7.15億円)」について質問をしました。

 この事業は、コロナ禍による外出自粛や飲食店の休業、テレワークの浸透などにより利用者が減少している上に、急激な燃油費の高騰を受け、厳しい経営状況に追い込まれている公共交通事業者(バス、タクシー、旅客船、鉄軌道)に対して、補助を行うというものです。

 経営の厳しさを再確認するために、具体的な数値で乗客数の及び燃油費の変動状況を確認したうえで、当面の対策だけでなく、事業者の足腰を鍛えるために、カーボンニュートラルへの対応や収益力アップと言う、次の課題を見据えた対応とすることを要望しました。

 そしてそのために広島県は、今後のMaaSやスマート化の様な姿をしっかりと描き示すことが重要であること及び、現在策定中の「広島県地域公共交通ビジョン」では更に長い視点を持って最適解を描いて欲しいことを要望しました。

質疑の内容は、下の動画をご覧ください。

2022年6月17日 | カテゴリー : 委員会質問 | 投稿者 : wpmaster

常任委員会(総務/地域政策)

■ 6月9日 総務委員会

 本日の総務委員会では、総務局関連の3件の説明資料と1件の配布資料、地域政策局関連の4件の説明資料と2件の配布資料が提出されました。

 この中で高田は、総務局に関連する「産業廃棄物の埋立抑制等に向けた取組及び産業廃棄物埋立税の今後の方針について」に関連して質問をしました。

 産業廃棄物埋立税は、産廃の排出量削減、リサイクル促進などを狙い、2003に法定外目的税として設定されました。その後、5年毎に継続要否の見直しを行い、現在が4期目になります。そしてこの度、執行部から、「2023年から5年間も継続したい」との提案が出てきました。

 そこで、本事業の必要性や重要性について再確認を行い、そのうえで、「将来を見据えて広島経済の発展に必須となるような領域に対して税収を重点的に配分すること」及び、「デジタル化とその実証実験にあたっては、県外から広島にオフィスを移転していただいたデジタル関連企業ともうまく連携すること」を要望しました。

質疑の内容は、下の動画をご覧ください。

2022年6月9日 | カテゴリー : 委員会質問 | 投稿者 : wpmaster