子供議会

■10月23日(日)広島県子供議会

 広島県内在住の小学5年生から中学3年生までの35名による、子供議会が開催されました。

 午前中は、小グループに分かれて、子供議員と議員の交流を図る場が設けられました。高田は、生活福祉員会に属する5名の議員とともに、「くらし防災グループ」の6名の子供議員を迎え、質問コーナーなどを通して、お互いの理解促進を図りました。子供議員からは、「何故議員になろうと思ったのか?」、「議会などで発言するときには何に注意をしているか?」、「これまでに大失敗をしたことは無いか?」など、目を輝かせながら質問が出され、これに触発され各議員も、精一杯目線を合わせながら誠実な受け答えをしていました。1時間という短い時間でしたが、終始和やかにかつお互いにとって有意義な時間を過ごすことができました。

 午後からは、子供議員による模擬県議会が行われました。
 子供議員達は、これまでに、6つのグループに分かれ勉強会を行い、アイデアを出し合い、議論を行うことで、質問や提案をまとめており、その内容を県知事や県庁執行部の前で発表しました。各グループとテーマは以下。
①平和・観光グループ
 ・戦争の悲惨さを伝え、平和を実現する取組について
 ・観光がすごいことになる広島県について
②自然・環境グループ
 ・環境問題への理解と食品ロスの削減について
 ・CO2の削減について~電気自動車の普及について
 ・CO2の削減について~木材の再利用について
 ・鳥獣による農作物被害の防止について
③交通・防犯グループ
 ・安全・安心な通学の実現について
 ・犯罪防止に向けた環境づくりについて
④くらし・防災グループ
 ・災害への備えについて
 ・人にやさしい交通機関の実現について
⑤学校・教育グループ
 ・私立高等学校の学費について
 ・ICT機器の利用と学習サイトの開設について
⑥まちづくりグループ
 ・中山間地域の振興について
 ・若者に向けた広島県の魅力発信について

 どのグループの提案も、自分事として自分たちの言葉でまとめられており、迫力のあるものでした。この子供たちが大人になった時、「今よりももっともっと素敵な広島県をプレゼントできるよう、私たちは頑張らねば!」と改めて感じさせられました。

特別委員会(広島都心エリア活性化)

■ 10月19日(水)広島都心エリア活性化特別委員会

 午前中の生活福祉保健委員会に続いて、午後からは、広島都心エリア活性化特別委員会が開催されました。
 本日の委員会には、執行部より3件の説明資料と2件の配付資料が提出されました。

 この中で高田は、「県庁舎敷地の有効活用に係る公募について」に関連して、「県庁の駐車場が1/3に減ることに対してのエビデンス」を確認した後、「県庁利用者に対して適切なサービスを提供するために、周辺駐車場との連携を行い、その際にはDXを活用し効率的なものすること」を要望しました。

 さらに、「広島都心エリアが描くウォーカブルな街を形成する移動モードとそれを支えるインフラの一つとしての駐車場のあり方について」の検討状況を確認し、「広島県の立場で、将来の移動モード像を描き、モビリティーの新たな価値を創造し発信し続ける広島らしい全体構想とすること」を要望しました。

2022年10月19日 | カテゴリー : 委員会質問 | 投稿者 : wpmaster

常任委員会(生活福祉保健委員会)

■ 10月19日(水)生活福祉保健委員会

 今回の委員会では、執行部より6件の説明資料と19件の配付資料の事前配布に加え、2件の当日配布資料が提出されました。これらに対して各委員から以下のような質問があり、執行部の答弁を求めました。
・漁業系プラスチック対策の予算支援を国に求めることについて
・縮景園におけるボランティアガイドついて
・園児のバス送迎の安全管理に関する緊急点検の結果について
・いのち支える広島プランの骨子案について
・ひろしま版ネウボラの取り組み状況について
・DV被害支援について

2022年10月19日 | カテゴリー : 常任委員会 | 投稿者 : wpmaster

県議会だより

■ 10月18日 広島県議会だより(秋号)を発送

 9月定例会は、令和4年度9月補正予算など31議案を可決ならびに同意し、9月30日に閉会しました。その結果などをまとめて「県議会だより(秋号)」として、後援会に加入いただいている方を中心に発送いたしました。

 今号では、通常の議会での議論に関する報告と補足に加え、「広島県の医療提供体制強化に向けた取り組み」、「生活に関する県民意識調査」などについても掲載しました。

 紙での発送が必要な方や、どなたかご紹介をしてくださる方がいらっしゃれば、「お問い合わせフォーム」に入力しご連絡ください。

安芸郡の名所

■ 10月1日 秋の夜長の多家神社

 9月定例議会も終わり、しばらくお休みをしていた趣味の写真撮影がしたくなりました。秋の夜長と言えばやはり星空と言うことで、宮司さんにお断りをして、深夜に多家神社と星空の写真を撮らせてもらいました。
 西南西の方向は、広島市中心部の光で星も見えづらいのですが、北東は呉娑々宇山方面となり、3等星くらいであれば肉眼で十分確認できました。
 約1時間半の撮影時間でしたが、雲一つ現れず、とてもラッキーでした。感謝感謝です。

 

サッカー観戦

■ 10月1日(日) サンフレッチェ広島マツダスポンサードゲーム

 エディオンスタジアムで、サンフレッチェ広島vs.浦和レッズ マツダスポンサードゲームが行われました。

 今シーズンのサンフレッチェは好調で、7年ぶりのリーグ優勝に向け全力で戦ってきており、今日の試合も熱い戦いが期待されることから、今季最多の17,400人の観客となりました。

 試合は、序盤からサンフレッチェが攻める時間帯が多く、前半終了時点で1-0、最終的には4-1と大勝となりました。

 試合後、勝利の喜びを観客と分かち合うサンフレッチェに対し、浦和のサポーターからはブーイングがおき、勝負の厳しさを目の当たりにさせられました。

 
  

2022年10月1日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

赤い羽根共同募金

■ 10月1日(日) 広島県共同募金運動開始事業

 例年、「共同募金運動」の開始日である10月1日に、「赤い羽根空の第一便伝達式」が行われています。からに例年実施されています。令和2年度と令和3年度は、コロナの影響で中止されましたが、今年は規模を縮小して伝達式が開催されました。これに高田稔は、県議会の生活福祉委員長の立場で参加しました。

 式典では、県共同募金会の会長で元カープの池谷公二郎さんの運動への呼びかけ、ANAグランドスタッフによる「厚生労働大臣メッセージ」の伝達が行われました。

 昨年度の運動では、県内で約3億300万円が寄せられ、新型コロナに関連する支援などに充てられました。今年度もさまざまな地域課題の解決に募金が活用され予定です。

 なお、カープとのコラボTシャツ(2600円)は収益の一部が募金として使われます。