緊急知事要望

■ 4月14日(火)コロナに関する緊急要望を知事に提出

新型コロナウイルス感染症の広島経済への影響が具体的に表れてきた3月末から、マツダ議員団(7名)で地元の企業などを訪問し、情報収集を行ってきました。

その結果、自動車関連の部品メーカー、素材メーカー、運送会社など、マツダの減産につられ、休業を実施するなど、既に大きな影響を受けており、新たな融資や助成が必要な状況であることが分かりました。

また、同様に各社の従業員の方も、手取りが大幅に減っており、従来の残業や夜勤が前提となった生活設計が成り立たなくなっていることが分かりました。

更に、これまで国や県が用意している融資などの施策が、予定通り機能していない場合があることが分かってきました。

そこで、その対応策(マツダ案)をまとめ、4月7日(火)に、民主県政会の中原会長に、知事に会派から緊急要望をするよう進言しました。

<4月7日:マツダ議員団から中原会長に進言>

その結果、マツダ議員団の提案であった、「雇用・経済」「生活支援」に関する対策要望だけではなく、「検査・医療体制・感染予防」「教育」などに関する対策要望も加えることで、 会派全体の要望として知事に緊急要望することになりました。

そのため、会派内の要望を集約した後、4月14日(火)に、中原会長、金口幹事長、桑木政調会長、高田で知事室にお伺いしました。

そしてまず最初に、中原会長から要望の位置づけを説明し、 桑木政調会長から、検査体制・医療体制・感染防止対策関連及び生活関連の要望を説明した後、 高田から、雇用・経済関係、生活支援関係の要望の説明をしました。

その後、湯崎知事とディスカスを行い、「提出された緊急要望の内容については、補正予算の編成などの参考にする」とのコメントを頂きました。

<4月14日:知事に会派として緊急要望>
2020年4月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

広島県議会だより

■ 4月1日(水)広島県議会だより(春号)の発送

3月17日に、2月定例議会及び予算特別委員会が終わりましたので、その結果などをまとめて、「県議会だより(春号)」として、後援会に加入いただいている方に発送いたしました。

今号では、今議会の最大の争点であった、「令和2年度当初予算」についての解説を加えました。また、それに至るまでの予算特別委員会での高田の質疑の内容の一部も掲載させていただきました。

また、安芸郡内の主な土砂災害対策の進捗状況も掲載しました。

紙での送付が必要な方は、「お問い合わせフォーム」に入力し連絡ください。

2020年4月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

HDGs勉強会

■ 3月26日(木)HDGs勉強会

HDGsとは、「ひろしま開発目標:Hiroshima Development Goals」の略で、SDGs「持続可能な開発目標」の広島リージョン版です。

広島県におけるSDGsの取り組みを、先進国である日本の地方都市が抱える課題解決にフォーカスし、 産学官民で協力し、具体的な地域活性化策に落とし込むことを目標としています。

そしてその第一弾として、広島の強みであるものづくりに着目し、そのDNAと歴史を再検証し共有化することで、広島愛の醸成につなげ、優秀な人材の流出防止や定住促進を図る試みを開始しました。

もともとこの考えは、広島をこよなく愛するある人の起案ではありましたが、いつの間にか共感の輪が広がり、活動として具体化しようよということになり、この勉強会に至りました。

今回参加いただいたのは、以下の方々でした(順不同)。

  • 山中社長(マルニ木工)
  • 猪田本部長(大和重工)
  • 原田社長(チューリップ針)
  • 井上教授(広島経済大学)
  • 早田准教授(広島県立大学)
  • 着能代表(庭能花園)
  • 林代表(風炎窯)
  • 平野局次長(中国新聞社)
  • 植月主幹(マツダ)
  • 高田(県議会)

今回の勉強会は、活動のキックオフの位置づけを兼ねていることから、まず最初に、各社各人の「ものづくり」に対する思いや、活動状況などの紹介を行われました。

そのうえで、大学へのカリキュラムへの取り込みなど、今後の活動(案)が示され、継続した活動にすることが合意されました。

しばらくは、新型コロナウイルスの影響で大々的な勉強会などの開催はできそうにありませんが、継続して活動し賛同者を増やしていきたいと思います。

そのうえで、広島の資産を最大限に活用し、内から誇りを感じ、外から羨望される「ひろしまの未来」の構築につながる活動にして行きたいと思います。

2020年4月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

安佐動物公園

■ 3月25日(水)インターン学生と安佐動物公園視察

民主県政会では、 学生さんが就業前に企業などで「就業体験」をする、所謂インターンシップを受け入れています。

この2月~3月の間は、高田のもとにも2名の学生さんに来てもらい、2カ月間で約100時間の活動を行ってもらいました。

学生さんには、この活動を行いながら「30年後の理想の広島県の姿」を描き、それを実現するために「10年後に実施すべき政策」を提言するという課題が与えられています。

この課題解決に向け、広島県の現状と課題、自動車業界の現状と課題、県議会議員の仕事などについての座学を行った後、議会の傍聴、知事との面談、県主催の研修会への参加、災害現場の視察などを体験してもらいました。

他にも、沢山の現場を体験していただきたいと考えていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、各種イベントも中止となり、実現できないでいました。

こんな中、広島市立安佐動物公園さんが、インターン生への職場紹介をして頂けるとのことで、民主県政会の議員が受け入れている11名の学生さんと一緒に視察させていただきました。

■ 広島市安佐動物公園の基本理念

動物園は自然からやってきた動物大使を預かり、動物を楽しみ学ぶ場所です。
安佐動物公園は動物たちをすみよい環境で健康に飼育し、そこで生き生きと生活する動物たちの姿を通して人々の心に自然の認識や豊かな感性を育て、人と自然のかかわりを正しく理解できるように努めます。

そして人とともに地球上に暮らすすべての生命を尊重し、すばらしい自然を守り、平和で豊かな社会の存続に貢献するものです。

このような理念に基づき安佐動物公園では

  • レクリエーション
  • 社会教育(環境教育など)
  • 動物の調査研究
  • 自然の保護(種の保存等)

の四つの目的を掲げています。

■ 概要

  • 開園日  1971年9月1日
  • 面積   使用面積 25.6ha(敷地面積 51.4ha)
  • 展示動物 約150種 1650点
  • 入園料  大人510円、高校生及び65歳以上170円、中学生以下無料
  • 管理運営 指定管理者(公益財団法人広島市みどり生きもの協会)

■ 入場者の推移

過去最高は、昭和62年(1987年)の67万人ですが、直近20年では、平成20年(2008年)の57万が最高で、その後は50万弱で推移しています。

入場者減少の要因は、少子化に加え、平成30年(2018年)では、大型商業施設のオープン(▲1.9万人)、西日本豪雨&台風(▲2.5万人)などが考えられるとのことでした。

参考までに、 東京都の上野動物園は496万人、名古屋の東山動物公園は254万人、大阪府の天王寺動物園は167万人とのことで、人口比で考えても安佐動物公園にももう少し頑張ってもらいところです。

■ 動物園経営

指定管理者の収支報告によると、入場料収入約1億円、事業支出約5.8億円とのこと。

差額は、主に税金で補われることになりますが、基本理念に照らせば、あるいは子供たちの教育と考えれば、必要な費用と言えると思います。

これからも存続してもらうために、皆で応援しましょう。

動物科学館ホールで、全体概要について説明していただきました
象のバックヤードでの仕事などを聞かせていただきました
とても良い天気の中、園内を案内していただきました。
2020年4月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster